女性にとってわかりやすいトークをする

女性にとってわかりやすいトークをする

相手に聞きとりやすい話し方ができるようになったら
トークの内容にも気をつけます。


大事になのは、「わかりやすいトーク」です。

まずは、、、


・内容を具体的にする


内容がアバウトなトークだと、女性はイメージできません。
褒め言葉も、誘い言葉もピンとこないのです。


イメージできないと不安を与えて
ナンパ失敗の可能性を高めてしまいます。


これも男性の自信のなさからくる場合が多いですね。


「本当は、カラオケに誘いたいんだけど、断られたら嫌だなぁ?
個室だから警戒されるかな?」


「褒めたいけど、お世辞だと思われちゃうかな?
   なんかわざとらしくて照れるナァ」


こんな自信のなさがアバウトなトークにでてしまうのです。

カラオケに誘えず、

男「どっかいかない?行きたいところある?別に俺はどこでもいいよ」

と、誘っているのか、いないのかわからないトークに終始する。

 

または、いつまでも誘えず、
だらだらと目的のハッキリしないトークを繰り返す。


これではダメです。

 

褒め言葉もそうです。

「なんかいい感じじゃない(笑)そのスカート・・・
別にスカートばっかり見ているわけじゃないけどね
 俺はそんなにエロくないし(笑)」

褒めているのかバカにしているのか格好つけているのか、
よくわからないトークですよね。


不愉快に感じる女性もいるはずです。


トークは具体的にして、
伝えたいことを明確にするようにしましょう。


連れ出しの誘いをかけるなら

・カラオケに誘う

・喫茶店に誘う

・自宅に誘う

・ホテルに誘う

 

褒めるなら

・スカートの色を褒める

・シャツのデザインを褒める

・全体的なコーディネートを褒める

などと、ひとつのトークに、意味を持たせるようにしましょう。


少なくとも女の子に、

女「何が言いたいの?」

女「何なんですか?」

などと、聞かれてしまうようではダメです。


不安な状態にさせているという事ですからね。

気をつけましょう。

女性にとってわかりやすいトークをする関連エントリー

最新記事