プラス変換トーク

プラス変換トーク

女性がどういう返答をしてきても
プラスに変換して、褒めようということです。


これはクセにしていかないと難しいかもしれませんが、
相手にとっては心地よい会話ですので慣れるようにしましょう。


例です。

男「そのバッグいいねぇ。高そうだよね」

女「うん。わたしには高い買い物だった。15万だもん」

男「やっぱりねぇ。見るからに良さそうだもん。
  でも、それだけしてでも欲しくなる気持ちわかるよ。センスいいよね」

女「いいでしょ。気に入ってるんだよね」

 

例です。

男「そのバッグいいねぇ。高そうだよね」

女「ぜんぜん。安かったよ。1万円しなかったさ」

男「マジで!1万円もしないなんて誰も思わないでしょ。
  買い物上手だね。めちゃセンスあるわ。今度俺のバッグ探してほしいよ」

女「いいでしょ。気に入ってるんだよね」


 
男「そのバッグいいねぇ。高そうだよね」
という問いに対して、「高かった」「安かった」と、
どちらの答えが返ってきてもプラスに変換して応答しています。


間違っても、

「安物に見えないね」

「安いんだね」

と、安いという言葉を連発しないほうがいいでしょう。


いい印象を与えない言葉は、
なるべく使わないほうが無難です。

プラス変換トーク関連エントリー

最新記事