時間がないと言った女の子を連れ出すにはこの一言を添える

時間がないと言った女の子を連れ出すにはこの一言を添える

声かけや、つれだしにかかった段階で女の子から

・時間がない

・友達と待ち合わせしている

・用事がある

などの返答をされることは多いですよね。


誘いを断るには一番無難で、簡単に思いつくセリフです。
しかし、男としてはこの一言で諦めていては話しになりません。


これらのセリフはナンパに対する定型句。
社交辞令くらいに思っていたほうがいいでしょう。


わたしは、時間がないと言われても、誘いを止めません。
本当に時間がなければ女性は何が何でも
その場を立ち去るわけですから、それまでは口説きます。


用事や友人との待ち合わせが本当にあったとしても、
「ナンパについていったほうが楽しそう」と思えば、
用事や待ち合わせをキャンセルすることは可能なのです。

だから、「時間がない・・・」と言われても誘います。


ただ、一度

・時間がない

・友達と待ち合わせしている

・用事がある

と言ってしまった手前、
女性としては誘いに応じにくい部分もあるのです。

 

男「あれっ。時間ないんじゃなかった?」

男「嘘ついてたんでしょ(笑)」

などと言われるとバツが悪いと感じる女性もいます。


そんな女性に、
ある一言を言ってあげるとつれだし成功率がぐ〜んとアップします。

それが・・・

男「用事は明日にしちゃいな」

男「待ち合わせ断っちゃいな。急用が入ったって言ってさ。
  あとでメールしておけば大丈夫だよ。」

などのセリフです。


女性が「そうだね」と言いやすいように
助け舟をだしてあげるのです。


こういうセリフがあるだけで女性は
誘いにオッケーしやすくなるのです。


言わないでいると、成功寸前で逃してしまう可能性もあります。
ダメな例としては、女性もまんざらではなくなってきているのに

男「でも、急いでるんだもんね。また今度にしようか。メールするね」

男「用事あるんだよね。そっち優先した方がいいよね」

男「待ち合わせしてるんだもんね。ごめんね時間遅れちゃうよね」


これでは、誘われた女性も、心の中で、
「本当に誘う気あるの?男なんだから押しなさいよ!」

とか、
「綺麗とか可愛いとか言ってたけど、諦め早いのね!
所詮わたしはそんなもんか・・・」

などの受け取り方をします。


「相手の用事を優先してあげる」という
優しい男を演じて見せても良いことはありません。


男「用事があろうが時間がなかろうが、
おれは君を気にいったんだよね。それほどのいい女なんだよ君は!」


もちろんこんなセリフをそのまま言うことはありませんが、
それくらいの思いを行動にだして誘ったほうが女性はその気になります。


声かけして、女性を立ち止まらせるところまでいけたら
「時間がない」と言われても簡単に諦めない方がいいですよ。

時間がないと言った女の子を連れ出すにはこの一言を添える関連エントリー

最新記事