ナンパのセックスに愛の言葉はいらない

ナンパのセックスに愛の言葉はいらない

恋愛からのセックスと、
ナンパからのセックスでは流れが違います。


恋愛であれば、少しずつお互いの仲を深めていき、
愛を確かめ合ってからのセックスになるのかもしれません。


しかし、ナンパの場合は、

「愛を確かめ合って・・・」
というプロセスを必要としません。


言葉は古いですが「ひと時のアバンチュール」や
「遊びでのセックス」を楽しむという感覚です。


だから、

男「愛してる」
男「好きだ」
男「一生大事にするよ」

などという、愛の言葉は必要ありません。


こんなセリフをはくと、あなたに対してナンパされた女性は

女「この男本気かも!?マジの恋愛を望んでいるの?
 軽い気持ちでセックスしたらつきまとわれるかも??」

女「体を許したとたんに、彼氏気取りされるかも?!」

などと、心の中で思い「危険性」を感じる可能性があります。


甘いセリフを言ったつもりが、
セックスできない結果に終わってしまいます。


もしくは反対に、

女「この人はわたしのことを本気で思ってくれているのね」

と思わせてしまい、セックス後から
彼女気取りで離れていかない場合があります。


もちろんあなたも本気ならいいのですが、
遊びのつもりならトラブルの元です。


どちらにせよ、本気で惚れたわけではなく、遊びのつもりなら
ナンパからのセックスに愛の言葉はいりません。

ナンパのセックスに愛の言葉はいらない関連エントリー

最新記事