今と昔のナンパ事情の違い

今と昔のナンパ事情の違い

中村です。


私がナンパをはじめたのは25年ほど前。



その当時は、

コミュニケーションツールが少なかったのです。



電話、対面といったコミュニケーションです。




電話も携帯ではありません。

電話回線を使った一家に一台しかない電話です。



会話を楽しむ為のものではなく、

連絡事項を伝えるのが主な利用方法でした。



だから、実際に相手の反応を見ながら

コミュニケーションをとれるのは対面だったのです。



昔の女性は対面でのコミュニケーションに慣れていました。




ナンパしてきた男に対しても、

自分で嫌だと思ったらコミュニケーション力で

断ることができたのです。



だから、ナンパの声かけに対して

無視するということは少なかったのです。




そのかわり貞操観念は強い女性が多かったので、

ホテル行きの部分が高いハードルになっていました。



断り方も上手でしたからね。





それが最近の女性は、メールや携帯での

コミュニケーションが多くなっているぶん、

対面でのコミュニケーションが苦手です。




だから、ナンパの声かけに対して、

無視する女性が多いのです。



コミュニケーション能力でかわすことができないので、

コミュニケーションを拒否する方法をとるのです。




だから、最初のコミュニケーションをとる段階が

高いハードルになっているのです。




そのかわり

一度コミュニケーションをスタートさせてしまえば、

簡単に男が主導権を握りやすい。



貞操観念も低い女性が多くなったので、

ベッドインのハードルは低くなっているのです。




もちろん、年齢や性格を含め個人差はありますが

おおよそこんな感じです。




現代の女性を落とすには、

「コミュニケーションをスタートさせること」

を突破すれば後は簡単だという事です。




⇒ 中村流ナンパ実践講座