クリスマス前のナンパのやり方

クリスマス前のナンパのやり方

こんばんは、中村・タイガー・哲也です。


クリスマスが近づいています。
あなたのご予定はありますか?


もしもないなら・・・
やっぱりナンパするしかないでしょう。(笑)




クリスマス前は、女性心理を考えると、

非常にナンパのしやすい時期なんです。



何故かと言うと、




・寂しさを普段より強く感じる
・出会いを求める


女性は周囲の仲間や世間の一般常識に

収まっていると安心します。




この時期になると、周囲には

彼氏の話題やプレゼントの話題が増えてきます。




わたしには彼氏がいない・・・予定も無い・・・

そうなると、孤独感が強くなるのです。




見栄を張るために彼氏がいるようなことを

作り話で匂わせたりもします。




だから、好きでもない男性の誘いにも

乗りやすい傾向にあるのです。




ナンパでも、ちょっとした運命を感じたりね。(笑)
まあ、そんな感じなんです。


ナンパトークなら、
クリスマスの話題でも振ると良いですよ。


相手が気にしていることをネタにするのが、

良くも悪くも食いつきがいいのです。




予定の無い子には、孤独感をさりげなく増幅させて

ちょっと弱らせてからゲットするのもありですね。





男「彼氏からもらう予定のプレゼントの話なんかでるでしょ?」




女「そうなんですよ。いいいなぁ〜って聞いてるんですよ」


男「羨ましくなってくるよね」(励まさないで弱らせる)


女「羨ましいです」


男「クリスマスに出かける予定とかないの?」


女「え〜。未定です。あっても多分女同士」


男「なんだかもったいないねぇ」(励まさないで弱らせる)


女「そうですよねぇ」



こんな感じで、


「羨ましくなってくるよね」
「なんだかもったいないねぇ」


というトークで弱らせる。


「羨ましいです」
「そうですよねぇ」

と、女性が弱みというか隙を見せてきたら、

誘いやすい状態になっています。




誘わせる為に、わざと隙を見せる女性もいるんですよね。


誘われたくない女性は、


「別に羨ましいとかないですね」
「女同士のほうが楽しかったりしますよ」


などど言ってガードします。


誘わせる為の隙じゃなくても、

女性があなたのトークに共感して弱みを見せていると、

心理学的にも、



「私はこの男性を信頼しているから共感しているんだ。」


「私はこの男性を信頼しているから弱みを見せているんだ。」


そう錯覚するのです。


ここで、
「○○ちゃんて凄く話しやすいな。」
なんて言ってあげると、簡単なラポールができます。


⇒ 次の展開作りに入っても良いでしょう。




以上、中村でした。